写真・画像でみる大腸がんの腹腔鏡手術

公開日:
更新日:
写真・画像でみる大腸がんの腹腔鏡手術

渡邉 純

渡邉 純先生横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科 講師

目次

日本人の死亡原因の第1位は大腸がんといわれています。この大腸がんとはどのような病気なのでしょうか。死亡率やリスクファクター(病気を引き起こすリスク要因)など大腸がんに対する基礎知識や治療方法について、横須賀共済病院 外科副部長の渡邉純先生に教えていただきました。

そもそも大腸とは?

大腸の位置
大腸の位置

口腔から入った食物は、食道、胃、小腸を経て大腸へ到着します。大腸の役割は食物の栄養分の残りと水分を吸収して、残ったものを便として肛門へと運ぶことです。具体的には糞便を固くするために腸管の壁にある血管で水分と塩類を吸収したり、反対に糞便をなめらかにするために粘液を分泌したりしています。

大腸は結腸・直腸に分かれています。結腸も部位により盲腸、上行結腸(盲腸から上に向かう部分)、横行結腸(折れて横に向かう部分)、下行結腸(下に向かう部分)、S状結腸(S字状に曲がっている部分)に細かく分類されます。食物はまず盲腸に到達します。直腸は結腸の後に続く約15cmの真っすぐな部分のことをいいます。そして、最後の肛門括約筋のあるところが肛門管です。大腸を広げると長さは全長1.5~2メートルにも及びます。

食物は筋肉の運動によって盲腸から直腸へ移動します。そして、直腸が拡張することで便意が生じ、溜まった便を肛門から押し出すという流れになります。この一連の大腸の運動は自律神経により調節されています。

記事のトップへ

大腸がんの種類

先に書いたとおり、大腸は大きく「結腸」と「直腸」に分かれていますが、結腸に発生したがんを「結腸がん」、直腸に発生したがんを「直腸がん」といいます。ここでは、その違いを簡単にまとめてみましょう。

大腸詳細
大腸詳細

●結腸がん

結腸に発生したがんを「結腸がん」といいます。盲腸と上行結腸のがんは腸内の直径が太く、便通異常が起こりにくいため発見が容易ではありません。一方、下行結腸やS状結腸では、がんにより腸内管の直径が狭くなると便が通過しにくくなるので、下痢などの異常が見られ、比較的発見しやすいとされています。

●直腸がん

直腸に発生したがんを「直腸がん」といいます。直腸がんは、出血により便に血液が付着するので発見されることが多いです。直腸がんによる出血は比較的赤い鮮血のことが多いといわれています。

結腸がんと直腸がんの割合は?

このように大腸がんは「結腸がん」と「直腸がん」に分けられますが、罹患率の割合では、結腸がんが約60%(盲腸約6%、上行結腸約13%、横行結腸約8%、下行結腸約5%、S状結腸約28%)、直腸がんが約40%と結腸がんのほうが若干多くなっています。

渡邉純先生

結腸がんと直腸がんの違いー症状の出やすさが異なる

「結腸がん」と「直腸がん」では症状の出やすさに違いがあります。一般的に肛門から遠ければ遠いほど症状が出にくく、そのため上行結腸や横行結腸のがんは初期症状が少ないといわれています。便の中に混ざる血液も、肛門から遠いほど酸化して黒くなり、また便にまぎれてしまうために目に見える血便は現れにくいとされています。

一方、肛門に近いS状結腸や直腸にできたがんによる出血は、血が赤いうちに体外に排出されるため、目で確認できることもあります。

しかし、治療で考えると結腸がんより直腸がんの方が大掛かりになることが一般的です。というのも直腸は骨盤の深いところに位置し、周囲に神経や筋肉が多いためです。また、術後に排尿障害や性機能障害などが起こることもあります。がんの進行具合により肛門まで切除することがありますが、この場合、人工肛門(ストマ)を造る必要があります。

これはすべての病気についていえるのですが、大腸がんはなるべく早く見つけることが重要です。そのために定期的な検査はもちろん、毎日の便の色を観察するなど自分でできる確認もとても大切なのです。

記事のトップへ

1/5ページ

執筆/インタビュー

渡邉 純
渡邉 純先生

横浜市立大学附属市民総合医療センター 消化器病センター外科 講師

低侵襲な大腸がんの腹腔鏡下手術を得意とするエキスパート。洗練された手術手技で地域医療に貢献する一方、術後合併症低減のための研究やリンパ流評価によるオーダーメイドの

もっと見る

低侵襲な大腸がんの腹腔鏡下手術を得意とするエキスパート。洗練された手術手技で地域医療に貢献する一方、術後合併症低減のための研究やリンパ流評価によるオーダーメイドの手術療法の開発等の臨床研究を積極的に行っている。

関連キーワード

関連記事