鼻血がよく出る・止まらない原因は病気?病院に行ったほうがよい鼻血とは

公開日:
更新日:
鼻血がよく出る・止まらない原因は病気?病院に行ったほうがよい鼻血とは

志賀 隆

志賀 隆先生東京ベイ・浦安市川医療センター 救急科部長

「大きな病気は患っておらず、健康体であるにもかかわらず、鼻血がよく出る」という方は、子どもから大人に至るまで少なくはありません。また、お子さんが頻繁に鼻血を出すため、背後に何か病気が潜んでいるのではないかと不安を抱いている保護者の方も多いものです。高齢者にも鼻血が出やすいという声がよく聞かれます。

鼻血の原因には、一体どのようなものがあるのでしょうか。鼻血の引き金になるといわれることの多い「チョコレート」や「ストレス」、「アルコール」などは、実際に鼻血と関係しているのでしょうか。鼻血症状の原因について、東京ベイ・浦安市川医療センター救急科部長の志賀隆先生にお話しいただきました。

鼻血が頻繁に出る原因

最も多い鼻血の原因は外傷と乾燥

鼻血が頻繁に出る主な原因は、「外傷」です。ほとんどの鼻血は自分の指で鼻腔をいじる(鼻をほじる)といった行為によるものであり、これは海外の論文などでも明示されています。

外傷以外の鼻血の原因には、「粘膜の障害」や「乾燥」があります。冬期など、肌が乾燥する時期は鼻粘膜も乾燥しやすく、出血しやすい状態になります。

高齢者の鼻血の場合、血液をサラサラにする薬が関係していることもある

上記は比較的若い方の鼻血の原因ですが、高齢の方に目を移すと、NSAIDsなどの「鎮痛剤」を服用していることも原因となるといわれています。

具体的には、アスピリンなどの抗血小板薬やワーファリンなどの抗凝固薬などが血液や血管に作用するものとして挙げられます。「血液をサラサラにする薬」としてご存知の方も多いでしょう。

ただし、これら解熱鎮痛剤の服用が鼻血の原因となっている割合は全体でみると極めて少なく、基本的には先に述べた鼻をいじる癖などによる外傷が原因の大半を占めています。

子どもの鼻血

子どもの鼻血はアレルギー性鼻炎と鼻いじりによるものも多い

小児の鼻血の原因として多くみられるのは、「アレルギー性鼻炎」があり「鼻いじり」をしてしまうというものです。
アレルギー性鼻炎の場合は鼻の内側に炎症があり、鼻粘膜も荒れているため、血管が破れやすい状態になっているのです。

そのため、鼻を触るなどの刺激で出血してしまうものと考えられます。
 

子どもの鼻血は「上気道炎」のあとにも起こりやすい

小児の鼻血は外傷(粘膜への刺激)やアレルギー性鼻炎のほか、上気道炎の後に好発するといわれています。

上気道炎とは、いわゆる「かぜ症候群」のことであり、成長に従い種々のウイルスに対して免疫がつくため、罹患する頻度は減っていきます。

推測ではありますが、上気道炎の後の鼻血が小児のみに限定されて語られる理由は、成長とともに種々のウイルスに対し免疫がつくことに関係しているのかもしれません。

1/4ページ

執筆/インタビュー

志賀 隆
志賀 隆先生

東京ベイ・浦安市川医療センター 救急科部長

学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。現在は

もっと見る

学生時代より総合診療・救急を志し、米国メイヨー・クリニックでの救急研修を経てハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。現在は東京ベイ・浦安市川医療センター救急部を牽引すると共に、後進の育成にも力を注ぐ。

関連キーワード

関連記事