写真で見る男性の性器カンジダ症の具体的な症状

公開日:
更新日:
写真で見る男性の性器カンジダ症の具体的な症状

尾上 泰彦

尾上 泰彦先生元 宮本町中央診療所院長

性器カンジダ症の症状は男性にあらわれることは少ないと言われています。今回は男性の性器カンジダの症状の特徴や治療方法などについてみていきましょう。

性器カンジダ症とは

性器カンジダ症とは、カンジダ属のカンジダ・アルビカンスが原因の性感染症です。女性の場合腟内部にデーデルライン桿菌(かんきん)などの常在菌が存在していますが、何かしらのきっかけによりこの常在菌のバランスが崩れてしまうことが症状を引き起こす原因となります。なお、性交がカンジダ菌の感染の原因となる確率は約5%と言われています。(女性の症状についてはこちらをご参照ください「写真で見る女性の性器カンジダの具体的な症状」)

男性が性器カンジダ症に感染したときの症状

カンジダ菌を性器に保有していたとしても、男性の場合症状を訴えることは少ないです。しかし、包茎・糖尿病・ステロイド剤を使用している・消耗性疾患を有している方に症状が出る傾向にあります。

男性の患者さんが訴える症状は主に亀頭包皮炎です。亀頭包皮炎とは亀頭部や包皮に白いカスを(白色苔)を認めるほかに、患部がカサつくといった症状があらわれます。

梅毒の症状
性器カンジダは女性の患者が圧倒的に多いですが、男性にも症状が認められることがあります

亀頭包皮炎の他にもかゆみや違和感を訴える方が多いです。ほかにも冠状溝周辺や亀頭部に発赤や紅色の湿疹、小水疱、びらん、浸軟(高温多湿な状態によって角層がふやけて白くなり、角層のバリア機能や組織耐久性が低下する状態)白苔を認めることが多いです。 問診時に性器カンジダ症が疑われるときには、亀頭冠状部もしくはその周辺部位を綿棒で擦過して検体を採取して簡易培地で培養し、総合的に診断をします。

梅毒の症状
男性の性器カンジダの例。亀頭包皮炎のほかに、掻痒感(かゆみ)などの違和感を訴えることが多いです

1/2ページ

執筆/インタビュー

尾上 泰彦
尾上 泰彦先生

元 宮本町中央診療所院長

性感染症学会の代議員を務め、厚生労働省のHIV研究に協力するなど、わが国における性感染症予防・治療を牽引している。診療所には日々多くの悩める患者が来院し、患者の不

もっと見る

性感染症学会の代議員を務め、厚生労働省のHIV研究に協力するなど、わが国における性感染症予防・治療を牽引している。診療所には日々多くの悩める患者が来院し、患者の不安を取り除こうとする親身な対応と、豊富な経験と知識をいかした的確な診断には定評がある。一人でも多くの人が病気についての正しい知識を持てるよう、講演会や研修会を開催するほか、雑誌をはじめとするメディアへも積極的に寄稿。さらに、ブログやホームページも立ち上げ、性感染症に関するさまざまな情報を発信している。

関連キーワード

関連記事